Logo

地域ぐるみで獣害対策を行っていくには何が必要か。
農家=電気柵を設置するまでがやっと。駆除まではハードルが高い。
駆除者(猟友会)=駆除は生業ではないため、箱罠の見回りは農家でやってほしい。
行政=報奨金など獣害対策費用はかなり負担が大きいはず。
これらのステークホルダーを上手くつなげて、地域ぐるみで獣害対策を行っていくには何が足りなくて何が必要なのかを考えたいと思っています。
SNSシェア
URL
URLはありません
開発用URL
開発用URLはありません
ステータス
関連課題
参加者一覧
Takashi Torige Muneta Norihiro
( ログインすることでこの課題に参加できるようになります )
ふぁらお加藤

「地域ぐるみで獣害対策を行うには何が必要か?」というのは、被害にあっている地域の人しかわからないのではないでしょうか?

うまくつなげたい、とおっしゃってますが、現状どうしてつながってないのでしょうか? つながりさえすれば解決するならまずはそこにフォーカスしてはどうでしょうか。

約2年前 に 投稿

Feed icon この課題の更新を RSS で確認することもできます。