Logo

二人零和有限確定完全情報ゲームである将棋はそのゲームとしての性質上、実力差がある者同士のゲームではかなりの高確率で強い方が勝ってしまうという性質がある。また、ゴルフ等と違って大会の場でハンディが導入されることが少ない。

これにより、アマチュアの将棋指しでトップクラスの実力を持たない層は「勝てない大会に参加しても強い人に迷惑がかかるだけ」という理由で、将棋大会を通じた将棋仲間との交流の機会を損なっている場合が多い。
現状でも実力別に階層分けすることによって級位・低段者が大会に参加する機会は得られているが、実力が離れている者同士が将棋を通じて交流できる制度ではなくなってしまっている。
SNSシェア
URL
URLはありません
開発用URL
開発用URLはありません
ステータス
元の課題
関連課題
参加者一覧
渡辺賢
( ログインすることでこの課題に参加できるようになります )
渡辺賢

大会に参加するような層の話を聞いてみると、大会にハンディを導入することに懐疑的な意見も目立つ。
まずはハンディの導入によって、既存の参加者が参加しなくなる可能性があるのか、また将棋大会が本当に盛り上がるのかを検討する必要がある。

7ヶ月前 に 投稿

Feed icon この課題の更新を RSS で確認することもできます。