イノシシの生息域はH20年から能登地域に確認されてからH25までで奥能登地域全域に急激に広がりました。
また被害金額も年々増加傾向に有り、H25年では能登地域では1400万円にのぼっています。
能登地域はH23年に世界農業遺産に登録されたものの、人口減少と農業従事者の高齢化に加え、電気柵等の獣害対策の負担が加わり耕作放棄地の拡大が懸念されます。
もちろん能登地域に限らず全国的な問題です。
SNSシェア
URL
URLはありません
開発用URL
開発用URLはありません
ステータス
元の課題
参加者一覧
Takashi Torige 井澤ゆきみつ Minoru Nakazawa Surya Rain Ryousuke  Igarashi
( ログインすることでこの課題に参加できるようになります )
Takashi Torige

アーバンデータチャレンジ(http://urbandata-challenge.jp/)
石川ブロックで害獣用アプリを開発中です。
詳細は別途。

2年以上前 に 投稿

ふぁらお加藤

ふぁらお加藤 さんは課題 能登地域の獣害(イノシシ)対策 への参加を辞めました。

3年弱前 に 投稿

Takashi Torige

フォローテスト。

3年弱前 に 投稿

Takashi Torige

石川県イノシシ管理計画(平成27年5月)
http://www.pref.ishikawa.lg.jp/sizen/hogokanri/documents/dai1ki_inosisi_kanri.pdf

3年弱前 に 投稿

ふぁらお加藤

私は割りと上のほうが最新というのは慣れている(質問掲示板、ダッシュボードとか旧ウェブチャットとかは最下段までスクロールしなくてはいけないほうが悪とされていた)からですかね。下に伸ばすとなると、次は古いものを省略したいとかそういう話になっていくでしょうねぇ。facebookみたいに勝手に略しちゃうのもアレですし・・・。

約3年前 に 投稿

Takashi Torige

※ha4goについて
やっぱりスレが下から上は見づらいっすね。
あとフォロー書くとき他のコメントが見えないのもつらいです。
あとフォローの文字数も詳細と同じで足らないかも知れません。400文字くらいは欲しいかも。

約3年前 に 投稿

Takashi Torige

あとは能登のハンターの人とも繋がりできたので、運用周りをヒアリングしてこようと思ってますが、今最大のネックは山の中で電力を確保することで悩んでます。具体的には、せめて1か月以上は持たせないと捕獲の見廻りと何ら変わらん労力になってしまうんで。

約3年前 に 投稿

Takashi Torige

今みたらなくなってましたが、IchigoJamと赤外線センサーで捕獲ユニットを販売してましたね。
個人的に以前から似たような事を考えてまして、とりあえずRaspberryPiとセンサー組み合わせて実験を始めました。
こちらの目的は捕獲精度の向上と通知機能が目的なんでなるべくハードスペックを上げる必要があると思ってます。

約3年前 に 投稿

ふぁらお加藤

ちょっと検索してみた感じ、農家の方々など、実際に被害にあってらっしゃる方々がいろいろ試行されてらっしゃるようです。
現実のところ実際に被害にあった方々からアイデアを頂いて、コードで貢献できることがあればできるかもしれませんが、そうでなければ

http://www.maff.go.jp/j/seisan/tyozyu/higai/

あたりをみて想像して提案する感じなのでしょうか。

約3年前 に 投稿

ふぁらお加藤

イノシシ対策として取るべき一般的な対応、求める情報、こういうシステムがないのか?というような具体的なネタはどこかにガイドラインなど提示されているのでしょうか?

約3年前 に 投稿

Takashi Torige

ちなみに被害金額は主に算出しやすい水稲で行われており、水稲以外の作物は金額算出が難しいため入っておらず、実際はそれ以上の被害額となっているものと思われます。
また農作物被害以外にも、車との衝突事故など交通安全上の問題も引きおこしています。

約3年前 に 投稿

この課題の更新を RSS で確認することもできます。