これは何ゴミなのか???と分別が分からなくなる時があります。
金沢市のゴミの出し方の冊子はよくできていて分かりやすいのですが、冊子が手元にない時もあるし、冊子では分からない場合もあります。その時は、申し訳ないなあと思いながらも市役所に電話で問い合わせたりしています。

◇今まで分からなかった例
長靴、傘、ファンヒーター、農業用支柱、ダウンジャケット など
SNSシェア
URL
URLはありません
開発用URL
開発用URLはありません
ステータス
元の課題
関連課題
参加者一覧
山口いづみ 神田現 Okada Atsunori 福島健一郎 Sanae
サインインすることでこの課題に参加できるようになります
山口いづみ

みなさまたくさんのお知恵をありがとうございます!
金沢市公式LINEのゴミ出しサポートはさっそく利用してみました。とても便利ですね!

5374APPのようなアプリもすでにあったのですね!

市民が検索したり電話問い合わせがあったゴミについて、データをうまく利用して、利便性がさらに増して行くといいですね。市の職員さんのご負担もなるべく減らせるといいなあと思います。

7ヶ月前 に 投稿

Sanae

私は金沢市の公式LINEに登録しています。「ごみ出しサポート」から品名を入力すると分類を教えてくれます。ちなみに居住地を入力すると、ごみの日の前日に何のごみを出すかを通知してくれて便利です。

11ヶ月前 に 投稿

GNKD

そうですね、わかりにくいゴミって、みんなある程度同じように感じていると思うので、何のゴミが検索されているか?のデータを集めて分析することも重要ですね。

12ヶ月前 に 投稿

Okada Atsunori

( Okada Atsunori さんが削除しました )

12ヶ月前 に 投稿
Okada Atsunori さんが 12ヶ月前 に 更新

Okada Atsunori

まずはフローチャートのような感じでごみ判別フローみたいなものを作って、写真とかで「何を捨てたい」かの写真情報を集めて、AI学習させていくような形でできればいいのかもしれない。

12ヶ月前 に 投稿

福島健一郎

とても地味な解決方法なのですが…

全てのごみの種類を分別冊子や5374のようなアプリに載せることは難しいと考えると、ご面倒がらずに電話してくださるのはとてもありがたいかもです。
問い合わせがあったごみは分別リストに載せていくということも可能ですので!

また、5374Appで検索してもらうと履歴に残って後で共有できるので、5374Appで積極的に「このごみは何のごみかな」って調べてくれるといいです!

12ヶ月前 に 投稿

神田現

逆にですが、収集して処理する側(市)の方で、AIで自動的に判別して、金属とプラ等を分離して処理するような仕組みができれば、市民側はラクになりますね!

約1年前 に 投稿

Y T

( Y T さんが削除しました )

約1年前 に 投稿
Y T さんが 約1年前 に 更新

Y T

先日、プラスチック製のバインダーの捨て方を調べていたら、金具の部分は燃やせないゴミ、プラスチック部分は燃やすごみに捨てると出てきました。

バインダーの金属部分、ねじが付いていないし、
どうやっても分けられないんです。

こうした○○のときどうしたらいいか、というのも
AIの進化で対応可能になるといいなと思いました。

約1年前 に 投稿

神田現

たしかに、微妙なゴミってありますよね。
これ金属なのか不燃物なのか、みたいな。
昔、アプリコンテストで、ゴミの写真を撮ってサーバーに送ると、AIが何か認識して捨て方を教えてくれるアプリが受賞してました。
今さらにAIが劇的に進化しているので、近いうちにより便利なアプリが出てくるかもしれませんね!

約1年前 に 投稿

Y T




ゴミ出しアプリ5374ゴミナシ.jp

https://www4.city.kanazawa.lg.jp/soshikikarasagasu/digitalgyoseisenryakuka/gyomuannai/8/2/5085.html#:~:text=5374%EF%BC%88%E3%82%B4%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%82%B7%EF%BC%89%E3%81%A8%E3%81%AF,5374%EF%BC%88%E3%82%B4%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%82%B7%EF%BC%89.

アプリで検索することもできます。
お問い合わせがあったゴミについては、
随時このアプリに入れていって欲しいですね。

私は自転車が有料の粗大ごみと思っていましたが、
燃やせないゴミとして出せることを最近まで知りませんでした、

約1年前 に 投稿
Y T さんが 約1年前 に 更新

この課題の更新を RSS で確認することもできます。