最新の課題
能登島のばがうら地域に住む長竹さん

助け合いの輪を広げたい
山の整備、道作り、草刈り、田植え、はざほし、etc
緊急に人手が足りなくなる時が多々ある
行政の「農村ボランティア」では緊急性の高いニーズに対応できない
季節ごとに必要になることもあるのでカレンダーがほしい

リターンは美味しい!オニギリ
がんばってコミットしてくれる人にはヨボシゴ(血縁のない家族関係)認定

最終的には
里山里海の景観を守りたい
田舎につながりをもつ人たちを増やしたい 第2の故郷

対価をもとめないコアなファン作りを優先
ちっちゃなレベルの助け合い実績を作って広げていきたい
SNSシェア
ステータス
募集スキル
参加者一覧
Surya Rain Kenichiro Fukushima Yukiko  Nagatake Takashi Torige
どういうイベントを登録するのだ、誰が判断するのだ。

などなど、運用の検討は必要かもしれませんが、とにかく、それぞれ主催者のページにいったり、Facebookやあれこれなど
まわるのはとても面倒だし、「え〜そんなイベント知らなかった〜」なんてことはとても多いので、ここを確認すればカレンダー
型式で確認できる、ってページ必要だと思いませんか?
SNSシェア
ステータス
募集スキル
参加者一覧
ふぁらお加藤 清原智和
金沢を中心に空き家はどんどん増えているが、正確な情報が分からない。空き家は防災上もよくないし、治安にもよくない。本来なら、取り壊すか有効利用すべきだが、正確な情報がないため、活用もできない。

以下、関連情報。
○金沢空き家活用バンク
http://www.kanazawa-sumai.net/saisei/
SNSシェア
ステータス
募集スキル
参加者一覧
Kenichiro Fukushima Minoru Nakazawa Junya Shimada
歩いた道の可視化ができると、それが観光コンテンツになるかもしれない。外国人観光客も含めて金沢の町を歩いている人は多いので、そういうのをためていくことで、色々な情報提供や観光情報化できるかもしれない。
SNSシェア
ステータス
募集スキル
参加者一覧
Kenichiro Fukushima Shunji Matsuda Minoru Nakazawa
KIT ハッカソン in 白山麓を8月上旬〜9月中旬にかけて開催する予定です。どのような課題がでてくるか分かりませんが、尾口村という集落において、子供たちが将来を安心して暮らせるための魅力的な次世代型の里山都市を考えていきたいと思っています。そこで、あるべき姿とは何かを考えていきたいと思っています。

- 案内資料:http://www.kitnet.org/KIT_HackathonV5.pdf
- エントリー:https://kithackation.doorkeeper.jp/events/48718

-過去のKITハッカソン
http://www.kanazawa-it.ac.jp/prj/coc/news/2014/news_140922.html
http://www.gizmodo.jp/2015/04/kanazawa_kit.html
http://news.mynavi.jp/kikaku/2015/09/25/009/
http://www.huffingtonpost.jp/2016/04/11/kit-hackathon_n_9631618.html
SNSシェア
ステータス
参加者一覧
Minoru Nakazawa 浅野大 Takashi Torige Jun-Ichi Sagara
【課題】
石川県金沢市のオムツの交換場所がわからない。
・オムツの交換場所は駅/イオンとかのショッピングセンター

7/14(木)

【具体的に】
★バリアフリーマップ(石川子育て支援財団)
 →使いにくい
★ベミマ(http://babymap.jp/

・Googleマップと組み合わせ(簡単にできるのでは?)
・カフェやWifiの場所が分からない。

(総合して)女性がコミュニティにつながるアプリ
マザーズをサポート
 ・お母さんが参加できるイベント、カフェとか。
 ・コミュニティアプリケーション

・のとノットアローンに機能を追加してみては?
 →機能が追加すると、複雑化するので別アプリにしては?

・マザーズコーチング普及活動
・子育てもふくめて、アプリケーションにしたら?

SNSシェア
ステータス
募集スキル
参加者一覧
Masanori Asaoka Kenichiro Fukushima Minoru Nakazawa Yoshihito Hara
地域ぐるみで獣害対策を行っていくには何が必要か。
農家=電気柵を設置するまでがやっと。駆除まではハードルが高い。
駆除者(猟友会)=駆除は生業ではないため、箱罠の見回りは農家でやってほしい。
行政=報奨金など獣害対策費用はかなり負担が大きいはず。
これらのステークホルダーを上手くつなげて、地域ぐるみで獣害対策を行っていくには何が足りなくて何が必要なのかを考えたいと思っています。
SNSシェア
ステータス
参加者一覧
Takashi Torige Muneta Norihiro